復縁したい!元カノ、元彼と復縁するには

花を育てるように、復縁おまじないを育てています

復縁おまじないを使って復縁おまじないをしたいと思っている人は居ませんか。実は、私がそうなんです。

 

少し前に別れてしまった彼氏と、復縁おまじないを使って復縁おまじないしたいと考えています。私は恋愛や失恋が得意なタイプではなく、どちらかと言えば下手な方だと思います。

 

ヨリを戻すおまじないについて調べたのも、自分のわがままのせいで彼氏が離れていってしまったことがきっかけでした。何とかしてヨリを戻すおまじないする方法はないか…と調べた時に、「ヨリを戻すおまじない」というものを見つけたのです。ヨリを戻すおまじないって何だろう、どんなもののことを言うのだろう・・・と疑問でしたが、調べてみると色々なことが解りました。

 

復縁おまじないのことを調べてみると、このことについてきちんと学んでいけばもう一度彼とやり直すことができるのではないか、と思う様になりました。私は今、復縁おまじないについて学びたいと心から思っています。復縁おまじないって何、と思う人がいるでしょう。

 

復縁おまじないとは、いかにして「元彼、元カノを振り向かせる」「好きになってもらう」ための方法のことを言います。好きな人がいたら振り向いて欲しいと思うのが人間ですが、復縁おまじないはそのためにはどうしたらいいかということを学び、実行することです。

 

私はこれまで、復縁おまじないの事なんて何も知りませんでした。復縁おまじないなんてことは関係なく、好きになったらただ一直線に向かっていく、そんな恋愛や失恋方法を取っていました。復縁おまじないのない、駆け引きのない恋でしたが、それは元彼、元カノも自分も疲れてしまう結果につながってしまいました。復縁おまじないを知らなかった私は、元カレの心理を知らなかったのです。

 

こうしたらこう思われる、こういうときはこうすると言った復縁おまじないを知らなかったために、大切な恋を手放してしまいました。だからこそ、復縁おまじないを知ってもう一度彼とやり直したいのです。

 

復縁おまじないについて学びたいと思っている私は、メルマガや無料で恋愛や失恋の心理術を教えてくれるサイトを見たりしています。頭がいい人の復縁おまじないも参考になります。頭がいい人は、ちゃんと復縁おまじないを踏まえて恋をするのだと知りました。

 

復縁おまじないの中では、彼に好かれる様なタイプの元カノになる変身術、効果的なケータイメールなどを学んでいます。これらの復縁おまじないを生かせば、本当に彼と復縁おまじないできそうな気がします。復縁おまじないと交渉術は似ています。

 

元彼、元カノを振り向かせるために、どうしたらいいかを考えていくところがそっくりです。復縁おまじないを手に入れて、私は今度こそ彼と幸せになりたいです。そのために、これからも復縁おまじないを学んで努力していきたいと思います。

 

友人との復縁を期待している場合

探偵会社に舞い込んでくるのは男女間の復縁依頼が多いのですが、中には友人間や家族間といったケースも見られます。ここでは友人との復縁を希望するケースについて見てみたいと思います。

 

数としてはそれほど多くない友人間の復縁依頼。例えばこんなケースがあります。

 

学生時代の部活仲間とちょっとしたことでケンカになって以来、絶縁状態になってしまった。もう数年が過ぎているが元彼、元カノのことが気になって仕方ないので、なんとか元の友人関係に戻れないか、といった具合です。この場合、まず元彼、元カノを探し出し近況を調査します。

 

接触を図り話を聞くと、実際は依頼者が感じているほど元彼、元カノは怒っていないことがほとんどで、無事に誤解が解けて友情再開となることが多くあります。依頼者が元カノの場合、元カレや金銭絡みの問題が多く、解決までの時間がかかるケースがあります。例えば「親友が付き合っていた元カレと別れ、その後、自分とその元カレが付き合うことになったが、彼女には自分が元カレを横取りしたと思われて絶交状態になってしまった」というケース。

 

横取りしたわけではありませんが親友の元彼と付き合ったことは事実なので、そこを敢えて「相談にのってもらっていただけ」ということにして友人に納得してもらい、横取りしたという誤解が解けました。友人間では絶縁状態になった状況にもよりますが、本人の思い込みや元彼、元カノの勘違いの場合も多々あることで、事情を説明したり素直に謝ったりすることで解決するケースが多くあります。

 

 

 

 

 

 

元妻が元夫との復縁を期待している場合

一度は離婚した元彼、元カノの元カレと復縁を望む元妻にその理由を訪ねると、半数以上が経済的理由を述べるそうです。特に結婚生活が裕福であればあったほど、離婚の原因がどちらにあったにしても経済的な理由が復縁希望のきっかけになるケースが多いようです。

 

また慰謝料をもらって別れた場合でも、今は生活に困らないけど将来的にどうなってしまうのか、という不安に耐えられなくなってしまうようです。このような経済的理由でのヨリを戻す依頼を受けた場合、探偵会社は元夫側に本当の理由を伝えません。

 

あくまで愛情からヨリを戻すを希望していると伝えます。お金が理由でヨリを戻すしたいのだと元彼、元カノに気付かれてしまうと、ヨリを戻すを成功させるのはとても困難になります。特に妻の浪費が原因で離婚したケースでは「お金が目当てだろう」と思われてしまいますので、ハードルは高くなります。

 

経済的理由の他、妻の不倫が原因で離婚してしまった場合でも元妻側から復縁を望むことがあります。このような場合、元カレは寛容であると言われ、例え一時的に他の元カレに目移りしてしまっても最終的に自分が選ばれたという面子が保たれれば許す、という人が多いそうです。ただし、不倫の元彼、元カノが自分の知らない元カレである場合に限ります。

 

不倫元彼、元カノの顔を見ていたり、ましてや自分の知っている人だったりした場合は、不倫を許すことが難しくなります。元夫との復縁を望む元カノには、依頼心が強い、お金に対する執着心が強い、見栄っ張りである、といった傾向がよく見られます。

 

復縁が成功するか否かは、浪費癖を直すなど自分がどこまで変われるか、にかかっています。

 

 

 

 

 

華麗な復縁おまじない

復縁おまじないとはちょっとワルっぽく魅せること、という人がいます。私が考えていた復縁おまじないは、どちらかというと「元彼、元カノにいかに尽くすか」というタイプの物だった様に思います。

 

けなげで一途な女に見せる復縁おまじないを会得することが、元カレの心をゲットする術だと思いこんでみました。でも、「そのヨリを戻すおまじないはちょっと古い」「発想が中学生だ」と指摘されてしまいました。

 

そう指摘してくれたのは、とっても元カレにもててヨリを戻すおまじないを心得ている元カノ。「今のヨリを戻すおまじないはね、ちょっとワルに見せることがポイントなのよ」と彼女は言います。ヨリを戻すおまじないとワル・・・ちょっと結びつかないなと考えていると、彼女はこう言ったのです、「ワルとヨリを戻すおまじないじゃなくて、ミステリアスとか小悪魔って言うと解るでしょ」と。

 

なるほど、その復縁おまじないならわかるような気がします。復縁おまじないは、元彼、元カノの元カレによって使い分けるものなのだそうです。ホストが持っている復縁おまじないを見てください。

 

元カノによって的確に自分を演出し、より効果的な復縁おまじないを使っています。一途な元カノが好きな元カレには「どの様に尽くすか」という復縁おまじないが必要になってきますが、世の中には「尽くすことが好きな元カレ」もいます。

 

同じく、私のように「尽くすのが好きだ」とう元カノもいて、そんな元彼、元カノには復縁おまじないを選ばなくてはなりません。そこで活躍するのが「もてる悪い男風」に見せる復縁おまじないであり、「ミステリアス」「小悪魔でもてる元カノになるための復縁おまじない」なのです。私は「ワルに見せる復縁おまじない」に興味を持ち、知りたいと思いました。復縁おまじないは色々なパターンを知っておいた方が素晴らしいと彼女に言われました。

 

いつどこでどんな出会いがあるか解らないからこそ、その時に備えて復縁おまじないを磨いておくと素晴らしいそうです。実際、彼女は元カレに合わせて自分のイメージを変えてしまう復縁おまじないを持っています。

 

そのために伝話術を使ったり、心理学的なものを取り入れたり、とにかく「元カレの心理をうまく突いた復縁おまじない」を勉強しているそうです。前からもてる人だと思っていたけれど、それには理由があったのだなあ、復縁おまじないを磨いてこそのものだったのだなあと感心します。「ワルになるための復縁おまじない」は私には無いテクニックなので、是非学んでみたいと思います。

 

彼女のように、色々な顔を見せることができる復縁おまじないを持ちたい。そして、その復縁おまじないを使って一度は元カレにもててみたい。そのために、これから「悪に見せるための復縁おまじない」を学びたいと思っています。

 

様々な復縁おまじないを使えるようになりたいです。

 

元カレが不倫元彼、元カノとの復縁を期待している場合

元カノの立場から見ると「都合がいいですね」と嫌味の一つも言いたくなるようなケースが、既婚元カレが一度別れた愛人との復縁を望むケースです。中でも多いのが、不倫していることが妻にばれ、焦った元カレが慌てて愛人と別れてひとまず夫婦間は落ち着いたのですが、しばらくしてほとぼりが冷めた頃にまた愛人への思いがふつふつと湧いてくるパターンです。

 

妻とは別れずに、今度はばれずに上手く愛人との関係を復活させられないか、というわけです。本当に虫のよい話ですが、意外とこういった依頼が探偵会社には多く寄せられるようです。

 

また厳しい奥さんだと不倫が発覚して離婚を突きつけられ、その後、愛人とも残念ながら別れてしまい一人になるパターンがあります。妻と愛人、すべてを失って寂しさが募り、もう一度やり直したいとヨリを戻すを希望する元彼、元カノは何と十人中十人が妻ではなく愛人だそうです。不倫の発覚と言うと、妻が愛人の家に乗り込んだり、愛人が妻に押しかけたりと修羅場になることがよくあります。

 

このような時、まず事態を落ち着かせるために間に入った元カレは妻の面目を守るために愛人と別れるか、妻と離婚するという選択を迫られます。不倫元彼、元カノとは、妻を落ち着かせるためにとりあえず別れた、というのが本音であって、嫌いになって別れたわけではありません。そのため時間が経つと不倫元彼、元カノへの思いが募り、何かと口実を作って会おうとするのです。

 

こういったケースの復縁は高い確率で成功します。というのも愛人側としては元カレの経済力に魅かれていることが多いので、経済的に余裕がある元カレなら誠意を見せれば拒まれる理由がほとんどないからです。